土地活用としてオフィスビル経営のポイントをきちんと理解しておきましょう

広い土地を持っているならば商業ビル経営をしたりオフィスビル経営をする土地活用がありますが高収益を狙うことができます。今回は【土地活用としてオフィスビル経営をする場合のポイント】についてお話します。

■居住用の物件とは違う仕様や設備があります。
建物を建築して賃貸するいう視点から考えるとアパート経営やマンション経営の「居住用物件」と同じと考えていいでしょう。しかしながら、オフィスビルと居住用の物件では仕様や設備に違いがあります。管理費・賃料収入などのランニングコストも違いますし、初期段階の建築コストも異なります。

■具体的に居住用物件と比較して異なる点はどこにあるのか?
業務上必要になるので電気の使用量が多くなりますから、特別な電気容量設備が必要になります。一般的な家庭では大量の電気を使うにしても限度があります。しかしオフィスビルや商業ビルの場合はパソコンなどの機器の数もとても多くなります。電気を付けている部屋も半端なく多いです。

車で移動することもありますし、来訪者がありますから駐車場の設置は必須です。それも数台程度の駐車スペースは必要になります。重要性が高い機密情報の取り扱いがありますから、防犯やセキュリティの設備が必要です。防犯カメラの設置も必要ですし、規模によってはガードマンを常駐させる必要があるかもしれません。

居室以外にトイレや給湯室が必要ですから充実した水回りが必要です。こういった風にアパート経営やマンション経営よりもコストが高くなります。だからこそ受け取る賃料も高くなるのは必然です。

■いかがでしたでしょうか?
土地活用としてオフィスビル経営をする場合のポイントをご紹介しました。メリットの面もありますが、デメリットの面もあります。実際に経営する場合には綿密に計画する必要があるでしょう。

◆土地活用をするために知っておきたい知識
所有している土地を上手に使って収益力を活かしましょう。また相続対策も忘れないようにしておくことが大切です。今回は【土地活用をする時代になってきていること】についてご紹介します。

土地活用としてオフィスビル経営のポイントをきちんと理解しておきましょう

■土地を持っているだけで、何もしなければ無意味!
土地を保有しているだけで良かった時代はバブル期で終焉しました。バブル期ならば確実に土地の値段が値上がりすることが見込めていたのです。将来的に土地を売ることでたくさんの収入をもたらしてくれることが期待できたからです。ですがバブルが弾けてしまって「土地神話」は見事に崩れてしまいました。

引証=土地活用 比較 http://www.kenyonpowerboats.com/

土地を持っていても値段が下がってしまう可能性があります。また土地を所有してることだけで「負債」が発生することにも目を向ける必要がでてきました。毎年のように都市計画税や固定資産税を負担しなければなりません。料来的には相続税についても準備しておかなければならないのです。

こういったことから土地を所有しているだけでは意味がないという考えが出てきており、上手に「資産」として活用することが注目されてきました。

■収益力を高めるためには、どのように土地活用をすればいいのでしょうか?
イメージ的に土地活用という言葉を聞いたときに思い浮かべるのは、更地になって使っていない土地だと思っていませんか?また、現在なにかの活用をしている土地であっても、それが充分な収益をもたらしてくれているとは限らないのです。今現在は駐車場としてまずまずの収益を上げている土地があったとしましょう。

ですがその土地はマンション経営に向いている土地かもしれません。土地活用の方法を変えることによってさらに高い収益を得られるケースがとても多いことがわかってきました。土地は持っているだけでは意味がない資産であると言えましょう。ですが、使っていればそれでOKであることもありません。

その土地をベストな方法で活用することが大切になってきているのです。最適な活用方法を考える時代になってきています。